×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

powerd by 楽市360

スポンサードリンク

powerd by 楽市360

ハチミツとクローバーのドラマ版は選任には違和感が

ハチミツとクローバーがドラマ化されるみたいですね。Wikipediaで調べてみたのですが、ドラマ版ハチミツとクローバーのキャストは花本めぐみ役が成海璃子さん、竹本祐太役が生田斗真さん、山田あゆみ役が原田夏希さん、真山巧役が向井理さん、森田忍役が成宮寛貴さんと個人的にはあまりイメージとかけ離れているような気がします。生田斗真さんはとてもかっこよくてすきなのですが、どうしてもハチミツとクローバーには合わないような気がします…ちなみに、私はハチミツとクローバーに関しては原作からのファンで、映画版も見ているのですが、少なくとも竹本祐太役の櫻井将君は竹本君っぽさがかなり出ていたので、ドラマ版も生田斗真さんではなくて、櫻井将君で言って欲しかったような気がしますね(^_^;)個人的にはドラマのハチミツとクローバーをみるに当たっては原作の竹本君を意識しすぎないように、ドラマは別物としてみていこうと思っています♪「適役かどうか」は気にしないようにします。

スポンサードリンク

ハチミツとクローバーの主題歌

ハチミツとクローバーはドラマ化が決定したのですが、主題歌はどうなるのでしょうかね?映画版の主題歌はOPがスピッツの「魔法のコトバ」でEDがスガシカオが作曲の嵐の「アオゾラペダル」と両方ともハチミツとクローバーにはジャストフィットしていました^^特に、スピッツの「魔法のコトバ」は感動物でしたね・゚・(ノ∀`)・゚・。やはりドラマ版の主題かもジャニーズの曲になるのかと思いますが、どうなるのでしょうかね。とにかく、映画をドラマがしのぐには主題歌でスピッツを越えるようなものでなければ難しいと思いますので、期待できるような気もします。それにしてもスピッツの「魔法のコトバ」はスピッツの初の書き下ろしの映画のテーマソングになってくるのですが、片思いや青春などのハチミツとクローバーにぴったりの歌詞で素晴らしい表現力だなあと思いましたね。草野さん自身もハチミツとクローバーの原作を読んでから作成したらしいので、このような出来になっているのかと思います。

ハチミツとクローバーのあらすじ

ハチミツとクローバーがドラマ化されるのでぜひあらすじを知っておくといいと思います。基本的なあらすじとしては4年間の大学生活を青春として飾っていくドラマなので、どのような方でも気軽に楽しむことが出来るのではないかと思います。主人公の生田斗真さん演じる竹本祐太は美大生の2年で、担任の先生である花本先生の親戚の成海璃子さん演じる花本めぐみと美大で出会い竹本が一目ぼれをすることから物語りは始まっていくのです。ハチミツとクローバーの面白いところは竹本と同じアパートに住む成宮寛貴さん演じる森田忍さんも花本めぐみにほれてしまうことによって三角関係が出来てしまうことですね。竹本は森田のめぐみへの好意に気づいてしまうことにより不安感を感じてしまうのです。ここに向井理さんが演じる真山巧の別のあらすじが入ることによってさらに面白くなってきます^^このように、ハチミツとクローバーを読んだことがない方もあらすじを少し知ることによって楽しい感じを味わうことがで着たのではないかと思います。

Copyright © 2007 ハチミツとクローバー